セフレ募集専門の出会い系サイトの使い方について解説しています。出会いやすいサイトもランキング形式で紹介中!

心が燃えればセックスも燃えるもの

セフレ(セックスフレンド)が流行る現代社会。僕も時代に乗り、最近になってセフレを持つようになりました。今じゃあ、セフレ専門のセフレ募集サイトもあるんですね。想像以上に利用者が多く、その点も驚きました。

僕にとって、彼女は1人目のセフレになります。なのでセフレ云々と偉そうなことは言えませんが、僕なりに『セックスの盛り上げ方』は理解しているつもりです。

どういったセックスを“盛り上がった(楽しく、良い)”とするかは人によりますが、僕は『心身ともに満たされるか』という点を大切にしています。

セフレは割り切った交際が基本です。とはいえ、割り切った心ではセックスを十分に楽しむことなど出来ません。それでは、機械的で味気ない―本当に“ただ”のセックスになってしまいます。

僕はセックスの最中だけ、彼女を恋人として見るようにしています。僕は彼女が大好きで、これから彼女を満たし、自分も満たされるんだ・・・と暗示を掛けるのです。

馬鹿げていると思われるかもしれませんがかなりの効果があります。彼女の何もかもが可愛く見えて、滅茶苦茶にしたいと体の芯が滾るんです。

もちろん、依存しないようには気をつけていますよ。依存したところで、彼女を困らせるだけですからね。


避妊具の重要性を考えよう

セフレは、シンプル故に関係継続の難易度は高めといえます。互いに“当たり前”を厳守することが、何よりも大切です。

特に注意したいのは、感染症と妊娠です。

いずれもコンドームを着用することで、大幅にリスクを軽減できます。しかし昨今は「ピルを飲んでいるから」「性病になっても治療すればいい」と警戒心を持たない人も珍しくありません。

それがあなたの価値観であれば、無理にコンドームを着用しろとはいいません。トラブルに発展したとしても、それは自己責任です。

万が一女性が妊娠すれば、どうなるでしょうか。堕胎する際には費用が掛かりますし、「認知して養育費を払って」と切り返されるかもしれません。

その場合、DNA鑑定で親子関係が証明され、且つその結果を裁判所に持ち出されれば、まず勝ち目はありません。あなたに家庭があろうが、問答無用で判決は下されます。

性病に関しても同様です。治療費は必須ですし、本命のパートナーに感染を広める危険性もあります。

また昨今は、国内のHIV患者数が増加しています。こちらはコンドームだけで防げるものではありませんが、着用することによりリスクは些か軽減できますよ。

男女で異なるセフレ価値観

一言にセフレ(セックスフレンド)といっても、男女は異なる価値観を持っています。

これからセフレをつくるのであれば、可能な限りあなたに近い価値観を持つ女性を選んで下さい。価値観が異なる女性をセフレにしてしまうと、後々トラブルに発展する可能性があるためです。

男性のセフレ価値観

男性の多くは、セフレ=セックスオンリーの関係と割り切っています。そのため恋人がいても作りますし、人によっては何人もセフレをキープしています。

プライベートへの干渉は許さず、素性を明かすことは殆どありません。連絡も素っ気ないものが多く、基本的には日程のやり取りのみになります。


女性のセフレ価値観

男性同様に割り切った関係を希望する女性もいますが、大半の女性は「出来れば恋人になりたい」と期待しています。

そのため男性のプライベートに干渉しようと、頻りに連絡を寄越す人も少なくありません。こうした人の中には、所謂メルヘラと呼ばれる厄介者も・・・。

つまるところ、女性はアタリ・ハズレが大きいと言えます。悪いことはいいません、メルヘラ女性であった場合は早急に身を隠しましょう。彼女らの行動力をもってすれば、あなたの生活を壊すことなど容易だということを忘れてはいけません。

セフレが青なら恋人は赤

セックスをする異性関係としては、セフレ(セックスフレンド)も恋人も同じです。しかし本質は、色に例えるならセフレは青、恋人は赤と180度異なります。

既に恋人がいて、これからセフレをつくる場合には“心の切り替え”が重要になります。

セフレはシンプルな関係ですが、それ故にデリケートです。恋人のように扱ってはいけませんし、プライベートに干渉させてもいけません。

基本的に、連絡先以外の素性は明かさないようにしましょう。また性病をはじめとする感染症にもご注意ください。浮気や不倫は、こういった面から露見します。

セフレはメリットばかりの関係ではありません。相応のデメリットがあり、場合によってはトラブルを引き起こします。セフレを持つことは個人の価値観によりますが、本当にセフレは必要なのか、恋人だけでは足りないのか考えてから行動しましょう。

実際にセフレをつくったら、恋人とセフレ双方の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。もしも、嘘が下手だと自覚があるなら、作らないほうが平和ですよ。

セフレは恋人になり得るか~ある女性のケース~

セックスだけを楽しむ関係である、セフレ(セックスフレンド)。プライベートに干渉しない“割り切った”交際が基本のため、恋人に発展することは基本的に無いと言われます。

なので、私と彼のケースは例外的といえるでしょう。

私の彼は、元セフレです。セフレサイトで知り合って、近場に住んでいることもあり週二のペースで楽しんでいました。

私にとっては2人目のセフレだったのですが、彼は1人目のセフレと色々違っていました。1人目のセフレは、本当にセックスするだけの関係で、食事や買い物といったことは一度も無し。でも彼は、初回から私を食事に誘ってくれたんです。それも奢りで。

はじめは「紳士的な人なのかな」と思ったのですが、関係を続けるうち、そうでないことに気づきました。セックス以外の場面でも、彼は私を熱っぽい目で見てくれるのです。

そして、彼に告白されました。

「恋人が出来なくて、寂しさからセフレをつくった」

「そうしたら、想像以上に優しい女性と知り合えた」

「セックス以外でも、一緒にいてとても楽しい」

「できれば恋人になってほしい」

薄々彼の気持ちに気づいていた私の答えは、もちろんYES。彼は良い返事が貰えるとは思っていなかったそうで(笑)、駄目だったら別れる覚悟だったそうです。

周囲には、インターネットで知り合ったと説明しています。セフレサイトもインターネットの内ですからね。今年で交際3年目・・・熱々の関係が続いています。


セックスを楽しむためのスパイス

セックスが出来れば良いと考える人もいますが、せっかくならスパイスを利かせてみませんか。セックス以外の場面でも“楽しさ”を与えてあげることで、セフレはより尽くしてくれるようになります。

手っ取り早い方法は、食事ですね。カフェでもまったく問題ないので、思い切って誘ってみましょう。「日頃のお礼がしたくて・・・」と切り出せば、断るセフレはまずいません。

もちろん、ただ食事をするだけではいけません。会話をし、日頃の感謝を伝えましょう。要するに、日頃の労いをしてやるわけです。

セフレ=割り切った交際が大前提ですが、女性の多くは「出来れば、それ以上を・・・」と淡い期待を抱いています。食事をはじめとする労いは、上手にここを刺激することが可能です。

とはいえ、あまり頻繁ではマンネリ化する可能性があるので、ここぞというタイミングでのスパイスにしましょう。適度に間隔を空けることで、女性は「次はいつかな」と期待します。この期待も上手に利用して、次のセックスを楽しんでください。

一点だけ注意すべきは、こちらへの依存度を上げ過ぎないことです。女性は、優しく―且つ尽くしてくれる存在に依存します。飴ばかり与えると面倒なトラブルに発展しかねないことを、忘れてはいけません。

長期的な関係は投資の結果ともいえる

割り切った交際を基本とするセフレ(セックスフレンド)は、一回〜数回のセックスを楽しめれば良しとされます。しかし時として、長期的に関係を楽しみたいと思える異性と知り合うこともあるでしょう。

長期的な関係を得るためには、ある程度の投資が必須と考えておきましょう。時間はもちろん、食事といった金銭的な投資も必要です。

女性は自分を特別扱いしてくれる男性に惹かれます。つまるところ、あなたと関係を続けることが“得”であると理解してもらえれば、自ずと関係は長続きするのです。

まずは、女性をよく知りましょう。プライベートへの干渉は厳禁ですが、それとなく聞きだすことは可能です。

またセックスを含めるデートの中で、女性の好みを探っていきましょう。何を好み、(あなたの)どういったアクションを望んでいるのか、それがわかれば接待は容易です。

私も始めは苦労しました。いまのセフレは通算で5人目で、結果は5戦1勝4敗・・・敗北の原因は、接待の加減です。1〜4人には過度に接してしまい、警戒心を抱かせてしまいました。

4人目の女性に「あなたは怖い、接近し過ぎ。恋人になんかならないから」と言われ、そうか私は過剰に接待していたんだと気づきました。

それ以来、適度に―頻度でいえば月に1、2度でしょうか。セックス4に対し接待1の加減でやってます。おかげで5人目のセフレとの関係は良好です。


セックスフレンドとはどのようなペースで連絡を取り合う?

中長期的な関係を希望するのであれば、定期連絡は必須と考えておきましょう。

多くの人は飽きっぽい性格をしており、連絡を寄越さない=構ってくれない・楽しませてくれない相手への執着は日に日に薄れます。それは中長期のセフレ関係にも同様のことが言え、定期連絡を怠ったがために関係が消滅してしまうことも珍しくありません。

メール交流に慣れない人は、何を連絡すべきか悩むことでしょう。

しかし、難しく考える必要はありません。スケジュールの空き(今後の予定)をはじめ、『会えないことが続いていますが、あなたの事を忘れているわけではありませんよ』と伝えればいいのです。

会話も楽しめる仲であれば、近況の報告も喜ばれます。もちろん、プライベートへの干渉は程々に。濃密な内容・連絡頻度は鬱陶しがられるので、いずれも加減が大切です。

当たり前ですが、互い若しくは片方に本命パートナーがいる場合は、連絡のタイミングにくれぐれもご注意ください。この点は、予め話し合っておいた方が賢明でしょう。

限りなくリスクを減らしたい場合は、ウェブメール(直接受信するのではなく、ウェブサービスを介して送受信を行うメール機能)の利用をおすすめします。

プロフィール画像を有効に活用して他の人よりリードしよう

相手に求める条件は、利用者ごとに異なります。性格や価値観を第一に考える利用者もいれば、外見にすべても求める利用者もいるのです。

外見に自信があれば、写真画像をアップロードすることで女性を引き寄せることが可能です。好印象を与えるだろう“最高の一枚”を用意して、プロフィールページに掲載しましょう。

外見に自信はないが容姿を知ってほしい―そんな場合も、ぜひアップロード機能を活用して下さい。この場合も、好印象を与えるだろう最高の一枚を用意しましょう。あなたが気に入らない写真は、相手も気に入らないことを忘れてはいけません。

では、好印象を与える写真とは何か。複雑な条件を除くと、概ねは下記になります。

圧迫感がない

適度に背景を入れ、圧迫感を軽減しましょう。人物ばかりが満たす写真は、圧迫感を与え相手を遠ざけます。

おすすめは、頭の先〜胸元までの『バストショット』構図です。

健康的な肌色

ポイントは照明です。室内で撮影する際も蛍光灯ではなく、日中の自然光を用いましょう。蛍光灯の青白い光は、肌を不健康に見せます。

清潔感

髪はもちろん襟元も整えましょう。女性は、こうした面からあなたの性格をリサーチします。

基本的に、写真の加工はNGです。多少のデコレーションは問題ありませんが、そもそもの目的は、あなたの容姿を知ってもらうことです。加工が過ぎると、実際に会った際に「嘘吐き」と扱われますよ。

セフレ募集サイトでメールを送る際のポイント

セフレ募集サイトで気になる女性を見つけたら、さっそくメールを送ってみましょう。

「明日、送ればいい」と後回しにしてはいけません。そうしている間にも、女性のもとには他の男性からのメールが届いています。もしも、その中の一通に女性が惹かれたら、あなたに勝ち目はありません。

つまるところ、セフレ募集サイトにおける出会いは“早い者勝ち”なのです。

はじめて送信するメールは『ファーストメール』と呼ばれ、あなたの印象を決定します。今後、何通何十通とメール交換をしても、ファーストメールに相当するインパクトを与えることは出来ません。それ程までに、ファーストメールは重要なのです。

上手い人は、ファーストメールだけで相手の心を射止めます。なぜ女性を選んだのか、また自分と関係を持つことがいかに得か。この2点を満たす文章にまとめましょう。

基本は敬語です。顔文字・絵文字の使用は、最低限に抑えたほうが紳士らしさを演出できます。好印象を与えるためには、真面目さを見せることが大切です。なぜなら、女性が求める男性像は「真面目で、安全な関係を楽しめる人」だからです。

運良く返信がもらえた場合は、即日に新しいメールを送りましょう。なかなか上手くまとまらない場合は、「多忙なので明日、詳細を返信します」とでも送信し、時間を稼ぎましょう。女性は気まぐれな生き物なので、返信する意思があると伝えることが大切になります。


セカンドメールもそれなりの威力を持つ

セフレ募集サイト攻略において、もっとも重要なのは初回―ファースト―メールだと言われます。しかし実際にはセカンドメールも重要であり、そこが大きな分岐点となっています。

セカンドメールで重視すべきは、送信に要する速さです。ファーストメールの返信が届いたら、遅くとも当日中には返します。女性は気まぐれな生き物であり、また非常に飽きっぽい性格だということを忘れてはいけません。

どうしても返信が遅れる場合は、その旨だけでも先に伝えて下さい。仕事で時間が取れない、半端なメールは失礼になるので待ってほしいと伝えれば、女性が機嫌を損ねることはありません。

セカンドメールでは、まずお礼を伝えます。自分のメールに返信をくれたこと、それにより自分がどれほど喜んでいるか、素直な気持ちを綴りましょう。

基本は、やはり敬語です。女性が敬語不要の旨を申し出るまでは、続けて下さい。尚、完ぺきな敬語である必要はありません。です・ます調を守れば、まず大丈夫です。

セカンドメールにも返信がもらえたなら、晴れてメール交流開始です。出来れば一日二回―早朝と夜間―は送信する癖を付けましょう。朝は「おはよう」夜間は「おやすみなさい」と、相手の生活に溶け込んでいくのが狙いです。

繰り返すことで、女性はあなたを生活の一部と認識します。「昨日はメールくれなかったね。忙しかった?」なんてメールが貰えるようになったら、大成功です。タイミングを図ってデートを切り出せば、良い返事がもらえることでしょう。

セフレが欲しいなら願望で終わらせない

2R5RHH5セックスのみを楽しめる異性関係、セックスフレンド(以下セフレ)を希望する男女が増加中です。セフレはシンプルな関係ながら、時として複雑な事情が絡み付き、独身・既婚関係なくカップルが成立しています。

これからセフレを探すのであれば、セフレ募集サイトが良いでしょう。ナンパや合コンといった従来の方法でもセフレを得ることは出来ますが、この場合は選択肢が限られます。また生活範囲内で関係を得ると、トラブルに発展した際に厄介です。

セフレ募集サイトは選択肢が豊富なだけでなく、匿名性からトラブルに強いメリットを持っています。あなたが無暗に個人情報を明かさなければ、連絡先を破棄することで関係は終了することでしょう。逆に、相手から音信不通を喰らうことも覚悟しておくべきです。

セフレを得るためには、若干の時間と金銭(交通費・ホテル代)が必要です。「時間は掛けたくない(手っ取り早くセックスがしたい)」場合には、風俗を利用したほうが賢明かもしれません。

セフレ募集サイトの中には、即日を謳い文句にしている業者もいます。

確かに、運が良ければ即日の出会い・セックスも可能でしょう。しかしそれは、宝くじに当選するようなものです。この手のセフレ募集サイトは悪徳業者であることが大半なので、近づかないようにして下さい。

セフレ探しは、継続的にセックスを楽しめる相手が欲しい場合にのみ行いましょう。中途半端なやる気では、返り討ちにされてしまいます。本当にセフレが欲しいのか、必要なのか。今一度自分に問い合わせてみましょう。

主婦は非日常を求めて逃避する

UE24g53MZ6y5P9kZ昨今では、様々な女性がセフレ募集サイトを楽しんでいます。その中には私たちが誰もが知る“主婦”も含まれており、一時の非日常とロマンスを求めて奔走しています。

あなたがセフレを求め、これからつくろうというのであれば、こうした主婦をターゲットにしてはみませんか。

我儘な―黙っていても男が寄ってくる―独身女性と違い、主婦は自分を蔑みます。「自分のようなオバサンに、言い寄ってくる男はいないだろう」と思っている
のです。そのためガードは極力ゆるく、甘い言葉を掛ければコロリと落ちます。
とはいえ、プロフィール欄で主婦と公言する女性はあまりいません。彼女らは男性との関係を望みながら、主婦である身ですべきことではないという葛藤を持っているためです。

では、どうやって主婦を探し出すか。これには、サイトの利用時間帯を活用することが出来ます。

主婦の手があく―セフレ募集サイトにのめり込める―時間帯は、日中です。大体、午前10時〜午後3時頃でしょうか。自宅に誰もおらず、比較的自由に行動できる時間帯に、主婦はセフレ募集サイトを楽しんでいます。

この時間帯にメッセージを送信し、早い段階で返信が来たなら主婦である可能性が濃厚です。もちろん例外はあるので、一つの目安程度にしておきましょう。

あとは、メッセージ交換を重ねデートに繋げるだけです。定期的なセックスを望む場合、且つ子持ちの主婦の場合は、子供がある程度自活した年齢であることが好ましいといえます。

セフレ探しは荊の道

セフレ募集サイトを利用すれば、簡単に見つかりそうなセフレ。事実、体験談を参照する限り、難しい・面倒臭い点は何一つ見つかりません。

しかし現実は厳しく、セフレ探しは荊の道と言えます。

セフレ獲得が失敗する理由は多々ありますが、概ねは以下に該当します。連敗している場合は、一度これまでの行動を振り返ってみましょう。きっと原因が見つかります。

女性を卑下する接し方をしている

『セフレ募集サイトを利用する女=遊んでばかりのどうしようもない奴』と思い込んでいませんか。確かにそうした女性もいますが、大多数は“ごく普通”の女性です。このような接し方は女性に失礼ですし、あなたがいかに歪んだ性格をしているかをアピールしているに他なりません。

悪徳サイトを利用している

一見すると盛り上がっているセフレ募集サイトでも、実は悪徳サイトが自演している―ということも珍しくありません。サクラを口説いたところで会えはしないので、“本物”の女性利用者を見抜く観察力を養いましょう。

やる気不足

セックスがしたいだけなのに、どうしてメール交流なんか・・・と面倒くさがってはいませんか。女性は、こうした態度を敏感にキャッチします。女性は曖昧さを嫌うので、はっきりとした態度で臨みましょう。

利用者の人物像

セフレ募集サイトを利用する女性―と聞いて、あなたはどの様な人物像を思い浮かべますか?

遊んでばかりいる厭らしい女性を想像しましたか。それとも、あなたと同じように出会いを探している“ごく普通”の女性を想像しましたか。どちらも正解ですが、問題は割合です。実のところ、セフレ募集サイトの利用者は後者―ごく普通の女性が多いのです。

そのため「遊んでやるよ」「お前を選んでやるから、有り難く思え」などの態度で接しても、出会いは得られません。あなたは、自分を卑下する異性を相手にしたいと思いますか?プライドの高い女性であれば、尚の事です。

出会いを得るためのポイントは、殊勝な態度にあります。相手も自分と同じ“ごく普通”の人であることを忘れてはなりません。

メッセージを送る際は、必ず本文前後に挨拶を入れましょう。たった一言の挨拶でも、あなたの印象は驚くほど良くなります。また、基本は敬語で。砕けた接し方は、相手からの了承が得られてはじめて許されます。

余談ですが、交流が深まるまでは絵文字・顔文字の利用を控えたほうが賢明です。女性=飾られたメールが好きというイメージがありますが、実際にはシンプルなメールを好む女性も多いです。

この辺りは、女性から届くメールを参考にしましょう。女性が持つ雰囲気をつかみ、それに合わせることが大切です。